偏差値50台から慶應義塾大学付属校へ合格!

合格実績

1/2ページ

大阪府立高校の最難関大学の2020年合格実績

大阪府立高校の最難関大学の2020年の合格実績 大阪府公立高校の偏差値上位8校までの府立高校の偏差値と2020年と2019年の合格実績を比較して本当に偏差値通り大学受験でも合格実績を残している学校なのか検証したいと思います。大阪府は大阪星光学院や四天王寺高校、清風南海高校など有名私立が多いですが、偏差値76~70まで24校中12校と非常に公立高校のレベルが高いです。また公立高校でも東大、京大、大阪大への進学実績も多く残していますので、各学校ごとの特徴を見ていきましょう。

愛知県立高校の最難関大学の2020年合格実績

難関高校に合格できたからといって、難関大学に合格できる保証を手に入れたわけではありませんので、約2年後には大学入試が待っています。受験生はもちろんのことですが、親としても高校受験以上のストレスが待っています。 今回は県立高校トップ校の偏差値と2020年の最難関大学への合格実績との差異について検証します。 それではみんなの高校情報において、まずは愛知県の偏差値上位10校までの県立高校の偏差値と2020年と2019年の合格実績を比較して昨年よりも伸ばしている高校を検証していきます。

推薦入試で入りやすい国立大学ランキング 41位~82位

今から約25年前には10万4千名いた受験者数が2019年度は約9万5千名と1万人の受験者が無くなっております。また国からの運営費交付金も年々削減されて学校側も運営が厳しくなる一方です。そこで国立大も私立大に負けじと優秀な学生を獲得するため、推薦入試での入学者の割合を増やしていく傾向にあります。 今回は国立大学のAO・推薦入試対応を41位~82位までをランキングにしました。どこの大学が推薦入試で入学しやすいか見えてきますので、是非とも受験の参考にして下さい。

推薦入試で入りやすい国立大学ランキング 1位~40位

今から約25年前には10万4千名いた受験者数が2019年度は約9万5千名と1万人の受験者が無くなっております。また国からの運営費交付金も年々削減されて学校側も運営が厳しくなる一方です。そこで国立大も私立大に負けじと優秀な学生を獲得するため、推薦入試での入学者の割合を増やしていく傾向にあります。 今回は国立大学のAO・推薦入試対応を1位~40位までをランキングにしました。どこの大学が推薦入試で入学しやすいか見えてきますので、是非とも受験の参考にして下さい。

日本女子大・昭和女子大の系列高校からの進学数

日本女子大・昭和女子大の系列高校からの進学数 最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私立の難関女子大である日本女子大および昭和女子大はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。

関関同立の系列高校からの内部進学数 同志社大学・立命館大学編

関関同立の系列高校からの内部進学数 同志社大学・立命館大学編 最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私大の最難関大学である関関同立の同志社大学・立命館大学はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。

関関同立の系列高校からの内部進学数 関西大学・関西学院大学編

関関同立の系列高校からの内部進学数 関西大学・関西学院大学編  最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私大の最難関大学である関関同立の関西大学・関西学院大学はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。

立教大学・青山学院大学の系列高校からの内部進学数

立教大学・青山学院大学の系列高校からの内部進学数 最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私大の最難関大学MARCHの立教大学・青山学院大学はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。

明治大学・法政大学・中央大学の系列高校からの内部進学数

最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私大の最難関大学MARCHの明治大学・法政大学・中央大学はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。

慶応義塾大学・早稲田大学系列高校からの内部進学数

最近は安定化志向で人気が急上昇しているのが大学の付属・系属中学校や高等学校からのいわるゆ内部進学ですが、日本の私大の最高峰である慶應義塾大学と早稲田大学はそれぞれ付属・系属高等学校からどれくらいの人数が各学部に内部進学しているのか調査した資料をまとめました。