偏差値50台から慶應義塾大学付属校へ合格!

医師国家試験合格率

医師国家試験の合格率の低い大学

超難関の医学部に合格はできたものの、医者になるためには6年間の厳しい勉強や臨床実習や実技試験を得て、6年次に卒業試験を合格が必要である。合格後に医師国家試験に合格して晴れて医者になることができます。 それは大学受験勉強よりも長く、厳しいことには違いありません。そこで医師国家試験の合格率は何%か調べてみました。おおよそ92%の合格率になります。