偏差値50台から慶應義塾大学付属校へ合格!

海外留学

日本で高校受験をしない選択肢は

なぜ日本での受験が必要ないかを説明しますと、次男の夢はエアラインのパイロットになることです。 エアラインのパイロットといえば、多くの人が憧れる職業、または高収入であるがゆえにさぞかし高学歴で英語が完璧に使いこなせるんだろうと想像します。 確かに高学歴な方もいらっしゃいますが、しかしエアラインのパイロットの全員がそういう訳ではありません。 一番肝心なのはエアラインパイロットのライセンスがあることなのです。そこで夢の着実な実現のためには、無闇な受験戦争をせずにエアラインパイロットになるために必要な勉強を中心にさせることにしました。

失敗しない高校からの海外留学方法

留学とは自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことです。しかしなぜ留学を考えるのか?1つは不自由なく英語で自分の考えを伝えることができ、また仕事で使えるようになる。1つは英語を話せることで給料が上がる。1つは将来は海外で仕事をしたい。1つは日本の教育環境に不安を感じる。留学を考えるようになったきっかけは、ざっーとこのような意見や考えが多いのではないでしょうか?

受験・海外留学のための取得すべき英語の試験

英語の試験といえば、日本で一般的には実用英語技能検定(英検)やTOEICが有名ですが、他にもTOEFL iBTテストやIELTSがあります。 それぞれの4つの試験の特徴について、ここでは説明します。   ・英検 国内最大級の英語検定試験で、合否に加えてスコアも出しています。準2級以上の資格がオーストラリア高校留学で、2級以上でアメリカの大学で留学時の語学力証明として使えます。日本では就職 […]