偏差値50台から慶應義塾大学付属校へ合格!

大阪府立高校の最難関大学の2020年合格実績

大阪府立高校の最難関大学の2020年合格実績

大阪府立高校の最難関大学の2020年の合格実績

大阪府公立高校の偏差値上位8校までの府立高校の偏差値と2020年と2019年の合格実績を比較して本当に偏差値通り大学受験でも合格実績を残している学校なのか検証したいと思います。
大阪府は大阪星光学院や四天王寺高校、清風南海高校など有名私立が多いですが、偏差値76~70まで24校中12校と非常に公立高校のレベルが高いです。また公立高校でも東大、京大、大阪大への進学実績も多く残していますので、各学校ごとの特徴を見ていきましょう。

※偏差値についてはみんなの高校情報を参照にしました。
みんなの高校情報 大阪府偏差値

 

1位:76:北野高等学校  生徒数360名

2020年実績
東大11名、京大100名、名古屋大1名、大阪大53名、神戸大36名、北海道大9名、東北大2名、九州大3名、東工大1名、一橋大2名、大阪市立大15名、大阪府立大17名、早稲田大9名、慶應義塾大10名、東京理科大4名、中央大3名、同志社大186名、立命館123名、関西大59名、関西学院大36名

2019年実績
東大3名、京大72名、名古屋大3名、大阪大58名、神戸大42名、九州大1名、東工大4名、一橋大2名、大阪市立大3名、大阪府立大1名、早稲田大13名、慶應義塾大13名、東京理科大13名、中央大3名、同志社大149名、立命館87名、関西大28名、関西学院大39名

※京大に100名合格者を出している関西でも言わずと知れた有名公立高校です。2020年と2019年の合格実績を比較して東大+8名、京大+28名と大幅に増えています。また滑り止めとして受験する同志社大学も+37名と増えておりトップ層の受験層が底上げされていることが分かります。

 

1位:76:大阪星光学院高等学校 私立

 

2位:75:天王寺高等学校 生徒数360名

2020年実績
東大3名、京大77名、名古屋大4名、大阪大52名、神戸大41名、北海道大8名、東北大3名、九州大1名、大阪市立大29名、大阪府立大27名、早稲田大9名、慶應義塾大10名、東京理科大18名、同志社大197名、立命館99名、関西大78名、関西学院大68名

2019年実績
東大6名、京大47名、名古屋大2名、大阪大50名、神戸大39名、九州大5名、東工大2名、大阪市立大29名、大阪府立大26名、早稲田大16名、慶應義塾大7名、東京理科大11名、同志社大113名、立命館84名、関西大71名、関西学院大47名

※勉学の成果によって、自己実現を図ること、学習と部活動を両立することに誇りを持った高校です。また全てが文理学科と国立大学を目指すには最適な学校です。2020年と2019年の合格実績を比較して、東大▲3名、京大+30名と大幅増、滑り止めである同志社大学も+84名と大幅に増えており、こちらもトップ受験層が底上げされています。

 

3位:74:四天王寺高等学校 私立
清風南海高等学校 私立

 

6位:73:大阪教育大附属高等学校天王寺校舎  生徒数165名

2020年実績 データなし

2019年実績
京大7名、大阪大11名、神戸大8名、九州大1名、大阪市立大8名、大阪府立大6名、早稲田大4名、慶應義塾大1名、明治大1名、立教大1名、法政大3名、同志社大15名、立命館12名、関西大14名、関西学院大17名

※多様な個性と能力の違いを大事に育てる方針の学校です。また勉学と学校行事の両立を大事にしています。現役合格の比率は約半分程度です。1学年165名と生徒数は他の高校の半分程度ですが、超難関大学への合格者数は低い傾向にあります。

 

6位:73:茨木高等学校 生徒数360名

2020年実績
東大2名、京大25名、名古屋大2名、大阪大69名、神戸大37名、北海道大3名、東北大3名、東工大3名、大阪市立大29名、大阪府立大20名、早稲田大5名、慶應義塾大8名、東京理科大8名、同志社大204名、立命館297名、関西大109名、関西学院大50名

2019年実績
京大16名、名古屋大2名、大阪大73名、北大4名、東北大3名、神戸大48名、九州大4名、一橋大1名、大阪市立大27名、大阪府立大23名、早稲田大10名、慶應義塾大4名、東京理科大16名、明治大8名、同志社大205名、立命館324名、関西大93名、関西学院大65名

2020年と2019年の合格実績を比較すると、東大2名合格者を出していますが、京大+9名、大阪大▲4名、神戸大▲11名、同志社大▲1名とトップ受験層のレベルが落ちている傾向が見えてきます。

 

6位:73:大手前高等学校 普通科200名、文理科160名

2020年実績 データ無し

2019年実績
京大19名、大阪大38名、神戸大36名、北大6名、九州大2名、大阪市立大41名、大阪府立大25名、早稲田大2名、慶應義塾大4名、同志社大88名、立命館123名、関西大116名、関西学院大37名

※1限65分で1日5限授業を採用しています。また2学期制を採用しており、授業時間は他の公立高校よりも多く確保しています。また土曜日の午前中はクラブ活動を禁止しており、年間15回程度学習活動を実施しています。非常に国立大学への受験を意識した学校です。

 

6位:73:三国ヶ丘高等学校 生徒数360名

2020年実績
東大3名、京大15名、名古屋大1名、大阪大38名、神戸大36名、北海道大4名、一橋大1名、大阪市立大33名、大阪府立大31名、早稲田大4名、慶應義塾大名、東京理科大6名、明治大4名、青山学院大1名、立教大2名、中央大名、同志社大133名、立命館100名、関西大196名、関西学院大116名

2019年実績
京大25名、名古屋大1名、大阪大30名、神戸大26名、北大7名、東北大2名、九州大1名、大阪市立大45名、大阪府立大33名、早稲田大4名、慶應義塾大4名、東京理科大14名、明治大3名、青山学院大1名、立教大1名、中央大1名、同志社大126名、立命館55名、関西大152名、関西学院大77名

※英数理を少人数学習し、1限50分の6から7限の授業を実施。土曜日も教師が自習学習をサポート、また自学自習室も開放しているので、受験対策について学校をあげてサポートする体制が整っていますので、非常に高い進学実績を残しています。
2020年と2019年の合格実績を比較すると、東大3名の合格者を出していますが、京大▲10名と減らしています。大阪大+8名、神戸大+10名、同志社大+7名、立命館大+45名、関西大+44名、関西学院大+39名とトップ受験層のレベルの底上げには成功しています。

 

6位:73:関西大倉高等学校 私立
清教学園高等学校 私立
桃山学院高等学校 私立

13位:72:大阪教育大附属池田校舎 生徒数160名

2020年実績
東大4名、京大13名、大阪大33名、神戸大16名、北海道大3名、東北大2名、一橋大1名、大阪市立大12名、大阪府立大5名、早稲田大12名、慶應義塾大4名、東京理科大4名、中央大11名、同志社大87名、立命館59名、関西大63名、関西学院大48名

2019年実績
東大3名、京大13名、大阪大23名、神戸大7名、東北大1名、九州大3名、早稲田大3名、慶應義塾大4名、東京理科大1名、立教大1名、中央大2名、同志社大25名、立命館24名、関西大17名、関西学院大23名

※2020年と2019年の合格実績を比較すると大阪大+10名、神戸大+9名、同志社大は+62名と大幅に増加しています。トップ受験層の底上げに成功しています。

 

13位:72:高津高等学校  生徒数360名

2020年実績
京大10名、大阪大31名、神戸大34名、北海道大1名、東北大1名、九州大4名、東工大名、一橋大名、大阪市立大38名、大阪府立大22名、関関同立に322名

2019年実績
東大2名、京大12名、大阪大29名、神戸大25名、北海道大1名、東北大2名、九州大1名、一橋大1名、大阪市立大16名、大阪府立大22名、早稲田大4名、慶應義塾大3名、東京理科大7名、法政大2名、中央大2名、同志社大73名、立命館68名、関西大132名、関西学院大58名

※2学期制を導入しており、2年次から文系・理系が選択可能です。土曜日午前中はクラブ活動を禁止しており3年生は終日希望すれば講習があります。
2020年と2019年の合格実績を比較すると、東大▲2名、京大▲2名、大阪大+2名、神戸大+9名となっており、昨年まで東大・京大を狙っていたトップ受験層が大阪大と神戸大に流れています。また関関同立の合計では▲9名減少していますので、緩やかではありますが最難関大学への合格実績としては減少傾向にあります。

愛知県立高校の最難関大学の2020年合格実績
兵庫県立高校の最難関大学の合格実績
京都府立高校の最難関大学の合格実績

小論文がうまくなる方法
小論文の書き方を改善させる方法